News

2015.08.19 記事:ワーキングマザー×○○

『働く母、子連れワークスタイル&ママ向け起業サポートに挑戦する(後編)』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワーキングマザー×○○ 〜choose your choice〜人生をゆたかにする、私のちょうどよい働き方
『働く母、子連れワークスタイル&ママ向け起業サポートに挑戦する(後編)』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q なぜ、ママ起業家養成講座をしようと思ったのですか?

周囲の人から「どうやって仕事をしているの?」と聞かれることが増えたんです。
私も一緒に働けるような仲間を作りたいと思っていたので、男女関わらず5年前から起業塾をスタートしました。
その後、自分が母親になったこともあり、短時間で高収入、そして外出が少ない、というこの仕事の働き方は
やる気があるママにぴったりだと思い、ママ向けに実施することを決めたんです。
そうすると、やる気があって、能力があるけれど、あえて会社に復帰することを選ばないママたちが
集まってくれました。講座では、起業や仕事をするのは決して簡単なことではないということもしっかりと
伝えていきたいと思っています。当たり前ですが、やり始めて、でもできないから辞めた!というのは、
お客様に対して失礼にあたります。私は、仕事や商いの仕方を市川さんに徹底的に叩き込まれました。
特に中小企業の社長は人を見ています。そのような方に対して、メールの送り方1つ、時間を守ること、
服装についてなど礼儀作法は徹底的にやっています。きちんと仕事をした分、やりがいはとても大きく、
そして収入もきちんと得られるのがこの働き方の良さだと思っています。

11694416_10204746147195279_405690966_n

Q お客様の所に子供を連れて行く時に気をつけていることはありますか?

機械が近くにあるとか、機密情報が沢山ある会社は連れていきませんし、
事前に子育てしながら仕事をしているスタイルについて話をしている会社を選んでいます。
その上で「同行させてもよいでしょうか?駄目な時はおっしゃってください。」と伝えて、
反応をみて最終的に決めます。これまでの私の経験から言えば、中小企業は結構受け入れてくださいます。
社員の方が自分の子供を連れて来ていることもありますよ。実は、子連れワークスタイルをしている方は
結構いるんですよ。ただそういう方が発信しないのであまり表に出てきていません。
私が子連れワークスタイルをfacebookにアップすると、知り合いの社長の方が
「昔よくやってたわ!懐かしい。その頃が一番幸せだった。」という書き込みをしてくれました。
心に響きましたね。このようなスタイルで仕事をしているのは、子供に自分の働く姿を見せたい
という気持ちもありますが、こういう仕事や働き方があることを世の中に伝えていきたいんです。

Q 今後のキャリアビジョンについて教えてください。

中小企業に対してのサービスを続けていきたいと思っています。それに、ママ向け起業家養成講座を続けて、
仲間を増やしていきたいです。中小企業の仕事は、レベルの高いことをするというよりは、
ビジネス本に書かれているような当たり前のことを社員全員ができるようにしたい、でもそれが難しい!
と思っている社長をサポートすることです。初めての方にも、やる気があればできる仕事だと思いますし、
ずばずば言いやすいママや女性には向いている仕事だと思います。仲間を増やして中小企業に派遣していくような、
ママと中小企業をつなげる役割をしていきたいです。ママにとってはお客様にダイレクトに喜ばれる経験から
社会的に必要されている実感が持てますし、満たされた気持ちで子育てに向き合えるようになる。
ママになってからは、家族に対してもお客様に対しても仕事をさせてもらっている感覚が強くなってきています。
ありがとう!という感謝がいい循環をつくり出せるのではないかと信じているんです。
そういう循環を増やしていきたいですね。

ママ起業家になるプロジェクト

著書『これがわたし達のママ起業〜ダンナ様の収入に頼らず、子育ても仕事も自分らしく両立する方法』