Service

法人のお客さま

少子高齢化が進む日本において、女性活躍への期待は高まり続けています。多くの企業が、ダイバーシティ・
女性活躍推進を掲げ、女性が、誰もが働きやすい、活躍しやすい環境の整備を進めています。

しかし、企業で働く女性社員から聞こえてくる声はというと、
「会社が用意した仕組み・制度は使っているけど、結構ギリギリの状態で踏ん張っている」
「周囲に負担をかけることや、上司からの評価が下がることが不安で、制度や仕組みを使うことに躊躇してしまう」
「時短勤務になってお給料が減った分、効率良く仕事をすればするほど、割に合わないと感じてしまう」
といったもの。

また、企業からは以下のような相談が寄せられています。
「制度を整備したものの、女性社員の退職率があまり改善しない」
「働きやすい仕組みを用意したら、甘えを増長してしまった気がする」
「周囲の社員たちの方が不平等を感じてしまっているのでは」

『活躍したい』と『活躍してほしい』。それぞれの気持ちは重なれど、うまくかみ合わない現状があります。

女性社員は、個々人の踏ん張りで終わらせてはいけない。
企業は、制度整備で終わらせてはいけない。

bouquetは、企業と女性社員との間の相互理解を起点とし、それぞれのありたい姿・状態を共に描き、
実現へのプロセスをサポートします。


コンサルティングサービス

『女性活躍推進』というテーマを前提としながら、どの社員にも働きやすい会社・職場を共に探求していきます。
展開施策・テーマについては、人事制度、人材育成、人材採用(出入り口の管理)から、組織風土・意識改革まで、組織・人事全般を扱います。

サービス提供のプロセス

プロジェクトを進める前提として、実態調査を行います。
現場でのリアリティを備えた上で、プロジェクト設計を行うところからスタートします。
※全てのサービスは、個社ごとにカスタマイズして提供します。
 下記のプロセスもあくまでもイメージとなります。


ワークショップ

仕事の成果は『働く意欲』に影響を受けます。そして『働く意欲』は、社内における協働関係(上司・同僚・部下)だけでなく、より広い関係性(家族・友人・社外コミュニティー ほか)からの影響を受けて変化します。

結婚・出産・育児など、様々なライフイベントによる関係性変化を経て働く女性社員たちの『働く意欲』の
大変化は、想像に難くないでしょう。

bouquetは、ライフイベントを通じた『関係性の変化』そして『働く意欲の変化』のタイミングを、
仕事への向き合い方を描きなおすための重要な転機と捉え、それぞれの転機に則した内容のワークショップを
提供します。

女性の就労意欲曲線イメージ*必ずしも全員がこの限りではありません。